ロゴ

鉄欠乏性貧血com

貧血の症状はどうすれば和らげることができるのか

貧血を克服するために

貧血を克服したいと思ったらどういった治療方法があるのか、どこで治療できるのかを把握しておくことが大切。また貧血は治療と並行し自分で改善していくこともできます。鉄分を補うのに適している食材もチェックしておきましょう。

貧血の治療方法が知りたい

日々の生活に影響が出てしまう貧血の症状をどうにか改善したいという人は多いはず。鉄欠乏性貧血などの貧血はどうやって治療していくのでしょうか。具体的な治療方法についてみていきましょう。

新着情報

貧血はこうやって治療する

医者と婦人

鉄欠乏性貧血の場合

鉄欠乏性貧血の患者は女性に特に多いと言われています。鉄欠乏性貧血の治療は主に薬を服用することによって改善していきます。一日に必要な鉄分は100から200mg程度と言われています。貧血の治療に用いられる薬には、この一日の摂取量を越える量の鉄分が含まれています。

なぜ余分に摂取するのか

貧血の治療方法が知りたい治療に使用される薬には一日の推奨摂取量を越える鉄分が含まれていますが、これは鉄分の貯金(フェリチン)を増やすためのものです。薬の服用を続けると割と早い段階で症状が改善されてきますが、ここで服用をやめてしまうとすぐに元に戻ってしまいます。貧血治療で需要なのはフェリチンを増やすことなので、しばらくは一日の推奨摂取量以上の鉄分を摂取し、フェリチンの量を増やしていくわけですね。

注射で治療することも

貧血の治療には服薬治療だけでなく、注射薬でも治療することができます。注射での治療はヘモグロビンの濃度を正常値に近づけることを目標として行っていくもので、数日間にわたって少しずつ正常値に近づけていきます。ただし、注射での治療は薬を服用できないときの応急的な処置となります。そのため、基本的に薬で治療できる場合は行われません。

広告募集中